MARUMI|マルミ光機株式会社

FILTER ABC

フィルターの使い方や選び方など、プロ並みの写真が撮れるコツを教えるゾ。

ND(減光フィルター)

NDフィルターとは

NDフィルターとは、レンズから取り込む光の量を減らすために使われる黒いフィルターです。
NDとは「Neutral Density」の略で、「中立な濃度」という意味があります。つまり、色には影響を与えず、光の量だけを減らすフィルターです。このフィルターを使うと、シャッタースピードと絞りがコントロールでき、昼間でも背景を大きくぼかしたポートレートや、肉眼では見えない長秒露光特有の風景写真など、光学フィルターでしかできないクリエイティブな表現が可能です。

NDフィルターの選び方①

マルミのNDフィルターは、コーティングと枠の構造の違いより2タイプからお選びいただけます。

  • EXUSシリーズ

  • DHGシリーズ

NDフィルターの選び方②

さらに、濃度の違う7種類のフィルターをお選びいただけます。

NDフィルターの選び方②

■NDフィルターの機能一覧

NDフィルターの選び方②

■NDフィルターはここからご購入いただけます。

NDフィルターは、マルミの直営ネット販売サイトで直接ご購入いただけます。

商品写真をクリックするかタップすると、販売サイトにジャンプします。

全てのNDフィルターを見るにはココをクリック/タップ

NDフィルターの使い方①

濃度の薄いNDフィルターの使い方 ND4,ND8

光量を1/4~1/8に落として、明るい昼間でも積極的に絞りを開けられるようにするアイテムです。
そして、光量を適度に落として、明るいレンズを使いやすくします。

EXUS ND4 + DHG Portrait Soft使用
EXUS ND4 + DHG Portrait Soft使用
日中でも、光量を1/4に落とすことで、開放F1.8で撮影できます。

EXUS ND8 使用
EXUS ND8 使用
さらに、ND4、8は花火撮影に必須のフィルターです。花火が白くなり過ぎるのを防いで、花火本来の色を写します。

花火をきれいに撮影するコツ!

  • ISO感度は100(200でもOK)
  • ND4フィルター使用(ISO200のときはND8)
  • 絞りはF8固定(ISO200のときはF11固定)
  • ホワイトバランスは「電球」
  • 長秒NRはOFF(シャッターチャンスを逃さないため)
  • 最初に打ちあがった花火にAFでピントを合わせ、MFに切り替えてピント位置を固定する(フォーカスリングをテープで留める)
  • シャッタースピードはBULBに設定(リモート操作)
  • 花火がドン上がったと同時にシャッターを開け、花火が消えたらシャッターを閉じる
  • 三脚は必須(手振れ補正はOFFに設定)

NDフィルターの使い方②

濃度の濃いNDフィルターの使い方 ND16,ND32,ND64

シャッタースピードを意図的に遅くして、被写体の流動感を撮影したいときに使います。

スローシャッターで時間の流れを写し込む

  • NDフィルター無し 1/60秒
    NDフィルター無し 1/60秒

  • ND64使用 1.0秒
    ND64使用 1.0秒

滝や渓流をシルクのように写すには、1.0秒のシャッタースピードが適当です。NDフィルターを使って、シャッタースピードを1秒で撮れるようにします。

スローシャッター撮影の基本

EXUS ND4 + DHG Portrait Soft使用
EXUS ND64 4秒

NDフィルターの使い方③

高濃度NDフィルターの使い方 ND500,ND1000

シャッタースピードを意図的に遅くして、移動するもの(雲、川、水、海、さざ波)の流動感を撮影したいときに使います。

EXUS ND4 + DHG Portrait Soft使用
日中野外でもスローシャッターが使えます!

高濃度NDフィルターを使う場合の撮影の基本

①まずは、NDフィルターを付ける前に、構図とピント合わせをしておきます。ピントはフィルターを付ける前にマスキングテープなどで固定しておくと良いです。

②一眼レフの場合、アイピースから光がカメラに入って画像に影響を及ぼしますので、アイピースシャッタ―か、カバーを付けるなどの対策をしましょう。

例えばこんな写真が撮れます。

  • ND無し F22 1/200
    ND無し F22 1/200

  • EXUS ND1000 F22 20秒
    EXUS ND1000 F22 20秒

EXUS ND1000 2分30秒
EXUS ND1000 2分30秒

NDフィルターの使い方④

NDフィルターを重ねて使う


NDフィルターを重ねると、さらにスローシャッターを得られます。

①NDフィルターを付ける前に、構図を決めてピント合わせを済ませます。ピントはマスキングテープなどを使って固定しましょう。

②フィルターを重ね付けするときは、薄いフィルターから先にレンズに付け、濃いフィルターが外側になるようにします。

③一眼レフの場合は、アイピースからの入光を防ぐため、アイピースシャッターを閉めるか、カバーをするなど対策をしましょう。

④重ね付けするときは、広角でのケラレの発生に注意してください。

⑤NDを重ねたときの濃度は、重ね付けするNDの掛け算になります。例えば、ND64とND16 を重ねた場合、64×16→ND1000相当の濃さになります。

EXUS ND1000 + ND4 F11 4分10秒
EXUS ND1000 + ND4 F11 4分10秒

ここからご購入いただけます。

NDフィルターは、マルミの直営ネット販売サイトで直接ご購入いただけます。

商品写真をクリックするかタップすると、販売サイトにジャンプします。

 

全てのNDフィルターを見るにはココをクリック/タップ

価格表(税別)

口径(mm) 37 40.5 46 49 52 55 58 62 67 72 77 82 95
EXUS ND4/8/16 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格
DHG ND8/16 4,300 4,300 4,300 4,300 4,500 4,800 5,100 5,500 6,000 7,000 8,000 8,900
EXUS ND32/64 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格
EXUS ND500/1000 オープン価格 オープン価格 オープン価格
DHG ND32/64 4,300 4,300 4,300 4,300 4,500 4,800 5,100 5,500 6,000 7,000 8,000 8,900
DHG ND-100000 オープン価格