MARUMI|マルミ光機株式会社

FILTER ABC

フィルターの使い方や選び方など、プロ並みの写真が撮れるコツを教えるゾ。

ND(減光フィルター)

NDフィルターとは

NDフィルターとは、レンズから取り込む光の量を減らすために使われる黒いフィルターです。
NDとは「Neutral Density」の略で、「中立な濃度」という意味があります。色に影響を与えず、光の量を減らすフィルターです。このフィルターを使うと、シャッタースピードと絞りがコントロールでき、昼間でも背景を大きくぼかしたポートレートや、肉眼では見えない長秒露光特有の風景写真など、光学フィルターでしかできないクリエイティブな表現が可能です。

NDフィルターの選び方①

マルミのNDフィルターは、コーティングと枠の構造の違いより2タイプからお選びいただけます。

  • EXUSシリーズ

  • DHGシリーズ

NDフィルターの選び方②

さらに、濃度の違う7種類のフィルターをお選びいただけます。

7種類のフィルター

NDフィルターの使い方

フィルターの取り付け方について詳しく見る

1)水流を絹糸のように幻想的に表現する方法

スローシャッター撮影で行えます。スローシャッター撮影は画面の中で動いている被写体だけをブラして流動感やスピード感を出す撮影方法です。

水流を絹糸のように幻想的に表現する方法

2)スローシャッター撮影に最適なモード設定

スローシャッター撮影には、風景写真でよく使う「絞り優先オート(A/AVモード)」がオススメです。ピントの合う範囲がコントロールでき、「ボケ」や「シャープ」さが加減できるモードです。

  • スローシャッター撮影に最適なモード設定

3)おすすめの初期設定

  • おすすめの初期設定

  1. 絞り値の数字をまずは「F8.0」からスタートしてみましょう。
    絞り値の数字を「F5.6やF4…」と小さくするとシャッタースピードが速くなり、「F11やF16…」と数字を大きくするとシャッタースピードが遅くなります。
  2. ISOを「100」or「200」に設定しましょう。
  3. 露出補正が「+-0」を確認しましょう。
  4. ホワイトバランス(WB)を「太陽光」「オート」に設定しましょう。

4)NDフィルター有無の違い

スローシャッター撮影だけなら出来ますが、明るい場所での撮影ではシャッタースピードを遅くしただけだと思いの外、流動感が出なかったり露出オーバー(白トビ)を起こす事があります。

  • フィルターなし

    フィルターなし
    シャッタースピード:1秒

  • DHG ND16装着

    DHG ND16装着
    シャッタースピード:1.3秒

NDフィルターを付けると、より遅いシャッタースピードで撮影でき、露出オーバーも防げます。

5)NDフィルターでシャッタースピードが遅く出来る理由

レンズに入る光量を落とすので、シャッタースピードが遅くできます。

  • NDフィルターでシャッタースピードが遅く出来る理由

6)NDフィルターには「マニュアルフォーカス(MF)」がおすすめ

オートフォーカス(AF)で大丈夫な場合もありますが、NDフィルターを付けるとAFが効かなくなる場合もあるので、その時はマニュアルフォーカス(MF)に切り換えましょう。

  • NDフィルターには「マニュアルフォーカス(MF)」がおすすめ

7)NDフィルターを付けた状態でピントや構図が合わせづらい場合

液晶ビューファインダー(液晶モニター・LV)を活用しましょう。ピントや構図を取る時は、ファインダーで覗くよりも液晶ビューファインダーで確認した方が簡単です。

  • NDフィルターを付けた状態でピントや構図が合わせづらい場合

8)必ずカメラは三脚に固定させましょう

シャッタースピードが遅いので、手持ちでは手元が動いてしまい写真全体が大きくブレ(手ブレ)てしまいます。スローシャッター撮影では三脚を使うようにしましょう。また、レリーズがあると便利ですが、ない場合はセルフタイマーでも代用できます。

9)初めての方には「ND8」か「ND16」がおすすめ

NDフィルター撮影に慣れていないなら濃度の薄いNDフィルターが扱い易く便利です。

  • 初めての方には「ND8」か「ND16」がおすすめ

10)フィルター番号とシャッタースピードの目安

フィルター番号に掛け算するとシャッタースピードの目安が簡単に分かります。
ND8ならシャッタースピードを約8倍遅くすることができます。
例えば、NDフィルターを付けていない状態のシャッタースピードが1/8秒だとするとND8を付けたら、1/8秒×8=1秒と8倍遅くなります。
ND16は1/8秒×16=2秒
ND32は1/8秒×32=4秒
ND64は1/8秒×64=8秒
※絞り値・ISO感度・露出(EV値)が同じ場合

フィルター番号とシャッタースピードの目安

シャッターボタンを半押でシャッタースピードの確認を!
フィルターなしでのシャッタースピードが1/10秒の場合、ND16を付けるとシャッタースピードが1.6秒と16倍遅くできます。(1/10秒×16=1.6秒)

11)NDフィルターを付けて撮影したら、暗い写真に仕上がってしまった場合

「露出補正」を活用しましょう!
プラス(+・右方向)方向へ動かすとシャッタースピードが遅くなり、明るく仕上がります。逆にマイナス(-・左方向)方向へ動かすとシャッタースピードが速くなり、暗い仕上がりになります。

NDフィルターを付けて撮影したら、暗い写真に仕上がってしまった場合

12)NDフィルターを重ねて使う場合

重ね合わせるNDフィルターの番号同士をかけ算するとNDの何番に相当し、どの位減光するかが分かります。
例)ND8×ND16=ND128相当となります。
※フィルターを重ね合わせると厚みが2枚分となりますので、広角側での撮影では画面の四隅にフィルター枠が映り込んでしまう現象(ケラレ)が発生する場合があります。

13)スローシャッター撮影に適したモード

絞り優先オート以外にも、シャッタースピード優先オート(S/TVモード)」「マニュアル(露出)(Mモード)」があります。

各撮影モードについて詳しく見る

14)NDフィルター撮影でできる様々な表現

NDフィルター撮影でできる様々な表現

フィルター機能一覧

機能 シャッタースピード 光量 絞り相当
EXUS ND4 4倍遅く 1/4 2段
EXUS ND8/DHG ND8 8倍遅く 1/8 3段
EXUS ND16/DHG ND16 16倍遅く 1/16 4段
EXUS ND32/DHG ND32 32倍遅く 1/32 5段
EXUS ND64/DHG ND64 64倍遅く 1/64 6段
EXUS ND500 500倍遅く 1/500 9段
EXUS ND1000 1000倍遅く 1/1000 10段

価格表(税別)

口径(mm) 37 40.5 46 49 52 55 58 62 67 72 77 82 95
EXUS ND4/8/16 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 -
DHG ND8/16 4,300 4,300 4,300 4,300 4,500 4,800 5,100 5,500 6,000 7,000 8,000 8,900 -
EXUS ND32/64 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 -
EXUS ND500/1000 - - - - - - オープン価格 - - - オープン価格 オープン価格 -
DHG ND32/64 4,300 4,300 4,300 4,300 4,500 4,800 5,100 5,500 6,000 7,000 8,000 8,900
DHG ND-100000 - - - - - - - - - - - - オープン価格